あきたなまはげの会 事務所

  • 2012年11月4日より
    下記住所に移転いたしました


    〒010-0951
    秋田市山王6丁目22-6
    ラポール山王郷A-1
    TEL&FAX 018-862-2253

« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年11月 相談会のご案内

秋田なまはげの会 11月の相談会の予定は、以下のとおりです。
多重債務、ローン、生活苦等々について、お気軽にご相談下さい。
秘密は厳守します。

 ■開催日時
 【昼の部】
    11月5日、12日、19日、26日(土)
         午後 1時 ~ 4時

 【夜の部】
    11月2日、9日、16日、30日(水)
     (受付)午後 7時 ~ 8時

 【司法書士相談】
    11月7日、14日、21日、28日(月)
     (受付)午後 5時30分 ~ 7時


 ■開催場所

  〒010-0951 秋田市山王六丁目22-6 ラポール山王郷A-1
    (駐車場は17番をご利用下さい)
      TEL&FAX 018-862-2253

Dsc05314

(函館市で発見)

田代まさし講演会を開催しました

秋田なまはげの会は、10月2日(日)、秋田市のフォーラムアキタにおいて、「田代まさし講演会~薬物等の依存症を考える」を開催、約70名の方が来場されました。
(秋田なまはげの会、日本ダルク、秋田ダルク、全国クレサラ・生活再建問題被害者連絡協議会の共催、秋田県、秋田市、秋田アディクション問題を考える会の後援)

秋田なまはげの会近江会長のあいさつに続いて、秋田ダルクの平原薫代表からダルクの活動についてお話しがありました。

田代まさしさんの講演では、芸能活動のプレッシャーから覚醒剤を使い始めたこと、逮捕、服役を経て、仕事も家族もすべて失い、借金も背負ったこと、その都度やめようと考えたけれども、孤独感や覚醒剤の「報酬効果」から再び手を出してしまい、「強い意志」など何の役にも立たなかったことが語られました。
日本ダルクの近藤恒夫代表と出会って、薬物依存症が病気であることを知り、自分に必要なのは、「更生」ではなく、「病気としての回復」であることに気付きます。
同じ経験を持つダルクの仲間と支え合いながら、「今日1日、薬物に手を出さずに過ごす」1日1日を積み重ねていくしかないと言います。
田代さんは、現在、日本ダルク職員として事務所で勤務、週末には各地で自らの体験を語る講演活動を行っています。

Dsc06361

2016年10月 相談会のご案内(22日は能代市に出張!)

秋田なまはげの会 10月の相談会の予定は、以下のとおりです。
多重債務、ローン、生活苦等々について、お気軽にご相談下さい。
秘密は厳守します。

 ■開催日時
 【昼の部】
    10月1日、8日、15日、22日、29日(土)
         午後 1時 ~ 4時

 【夜の部】
    10月5日、12日、19日、26日(水)
     (受付)午後 7時 ~ 8時

 【司法書士相談】
    10月3日、17日、24日、31日(月)
     (受付)午後 5時30分 ~ 7時


 ■開催場所

  〒010-0951 秋田市山王六丁目22-6 ラポール山王郷A-1
    (駐車場は17番をご利用下さい)
      TEL&FAX 018-862-2253


 ◎能代市出張相談会
  日時: 10月22日(土)午後1時 ~ 4時
  場所: 能代市中央公民館 第5研修室(秋田県能代市追分町4-26)
      TEL:0185-54-8141

161022